フードコーディネーターと栄養士の違いって?

世の中には食に関する仕事がたくさんあります。

 

フードコーディネーター

 

調理師

 

栄養士

 

パティシエ

 

これ以外にもたくさん存在しますよね。

 

これら全てが食に関する仕事ではありますが、その仕事の内容はそれぞれ異なっています。今回はフードコーディネーターと栄養士の違いについて簡単にご紹介します。

 

フードコーディネーターと栄養士の仕事の違い

まずは仕事内容の違いからです。フードコーディネーターの仕事の内容の幅はとても広いです。料理教室の講師として活躍する人もいれば、新しい料理のレシピを考案してそれを公表する人、企業へのアドバイザーとして活躍する人など様々です。

 

フードコーディネーターの仕事は

 

おおまかに言うと食を楽しむ方法やより良い食の環境を考案、提案していく仕事といえるでしょう。フードコーディネーターとしての活躍の幅は広いため、それぞれ自分が得意とする分野でフードコーディネーターとして活躍しています。

 

栄養士の仕事は

 

食事の管理や栄養の観点からの食事の指導が主なものになります。食事というのは人間が生きていく上でかかせないもので、本来は栄養を摂取するという目的で行われる行為です。

 

現代では、食事がファーストフードばかりに偏ったり、肉中心の食生活をする人がいたりと、食の栄養の偏りが問題になっています。軽度な偏りならまだ問題はないかもしれませんが、偏りがひどくなるとそれが原因で体調を崩したり病気になってしまうことがあります。

 

そういったことを防ぐために栄養士が食事の管理や指導を行うのです。

 

フードコーディネーター栄養士の働く場所の違い

フードコーディネーターと栄養士では働く場所も違ってきます。

 

フードコーディネーターの仕事の幅は広いです。そのため働ける場所の幅も広いのです。
自宅で料理教室を開いて仕事をする人、食品企業のアドバイザーとして活躍する人、飲食店のメニューやレシピを考案する人、メディアで活躍する人など
働ける場所は様々あります。

 

栄養士が働く場所は主に、病院、学校、介護施設、社員食堂などがあります。このような場所で栄養バランスの取れた食事を作ったり、指導を行なったりします。

 

フードコーディネーターと栄養士の資格の違い

フードコーディネーターと栄養士には資格の違いもあります。

 

フードコーディネーターとして仕事をする場合、必ず資格が必要になるわけではありません。しかし、なにも資格を持っていない状態で「フードコーディネーター」と名乗ってもその言葉に信憑性はあまりないでしょう。そのために「フードコーディネーター3級」といったような資格が存在します。

 

この資格は民間資格ですが、フードコーディネーターとして働きたいと考えているなら、資格取得を検討してみてもいいでしょう。

 

栄養士として仕事をする場合は、「栄養士」の国家資格が必要になります。この資格は、専門学校や大学・短大の栄養士を養成する専門の課程を修了し、卒業することで取得するこができます。

 

また栄養士として働く人の中には自分のスキルアップとしてフードコーディネーターの資格を取得する人も多いです。

 

フードコーディネーターと栄養士、どちらも食に関する仕事ではありますが、それぞれ違いがあります。
これは今回紹介した以外の仕事にも言えることです。

 

自分がどんな働き方をしたいかをしっかりと決めて、自分にあった職業を選びましょう。

 

 

>>フードコーディネーター 資格 TOP