フードコーディネーター3級の試験内容を独学で学ぶ

フードコーディネーター3級の資格認定試験は

 

フードコーディネーターとしての入門レベルの内容です。どんな試験でも合格するために勉強は必要不可欠ですよね。

 

この資格の勉強をする方法はいくつかあります。専門学校に通う、スクールの通学・通信講座を受講する、独学で勉強するといった方法があります。今回はフードコーディネーター3級を独学で学ぶ方法についてご紹介します。

 

独学で資格取得は可能か?

まずそもそも独学で資格を取得することが可能か?という点です。
結論からいえば可能です

 

フードコーディネーター3級は民間資格となっています。多くの民間資格の場合、試験を主催する協会や団体が指定するカリキュラムや講座を修了しなければ試験を受験することができません。しかし、フードコーディネーター3級の場合、そういったことはありません。

 

中学校卒業以上であれば、試験を受験することが可能です。そのため多くの民間資格と違い独学でも資格を取得することが可能なのです。

 

独学で学ぶ方法

独学で学ぶ場合は、書店などでフードコーディネーター3級の試験内容を勉強できる書籍を使う方法が一般的です。書店の資格のコーナーに行けば、そういった本が売られているはずです。書店に置いていない場合は、インターネットで購入してもいいでしょう。

 

フードコーディネーター3級はフードコーディネーターの入門レベルとなっています。しかし試験自体は4科目から構成されていて、範囲は広いです。そのため、参考書を上手に使ってしっかりと要点を抑えて勉強する必要があります。

 

また過去問題集も売られているのである程度知識が身についたと感じたら、過去問を使って自分の苦手な部分を探し出して、その部分を重点的に勉強し直しましょう。

 

独学のメリット・デメリット

独学で試験を受ける場合、メリットとデメリットがあります。

 

メリット

独学の一番のメリットは費用が安くすむという点でしょう。専門学校に通ったり、講座を受講する場合は費用にかなりバラつきがありますが、多くのお金が必要になります。

 

しかし、独学の場合にかかる費用は書籍代と受験料・資格認定料くらいのものでしょう。また自分のペースで勉強できるというのも大きなメリットですね。

 

デメリット

デメリットは、やはり一人で勉強しないといけないという点です。学校などに通っていれば分からない点などがあれば講師や先生に聞くことができますが、

 

独学の場合は分からない点があっても自力で理解しなければいけません。また勉強をサボろうと思えばいくらでもサボれてしまうため、どれだけ自分に厳しく要領よく勉強できるかが合格のためのカギになります。

独学で学ぶ方法やメリット・デメリットは理解してもらえたでしょうか?

 

独学では不安だという場合は通信講座であれば比較的安い費用で学ぶことも可能です。

 

自分にあった勉強方法を選んで、フードコーディネーター3級の認定試験に挑戦してみてください。

 

 

>>フードコーディネーター 資格 TOP